So-net無料ブログ作成

爆弾低気圧、こっちでは?朝日の方が、ゴミ売りよりマシ? [お天気とか]

爆弾低気圧、こっちでは?朝日の方が、ゴミ売りよりマシ?

瞬間風速35メートルも 気象庁、低気圧接近で注意喚起
朝日新聞デジタル 4月6日(土)11時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130406-00000010-asahi-soci


瞬間風速35メートルも 気象庁、低気圧接近で注意喚起

「爆弾低気圧」の特徴

 発達中の温帯低気圧は6日午前、九州付近を北東へ進んだ。四国・九州・沖縄では最大瞬間風速が20メートルを超す地点が相次ぎ、1時間に40ミリを超す強い雨も降った。低気圧は今後も発達を続けながら日本海を進み、関東や東北などでも風雨が強まる恐れがある。

 気象庁によると、低気圧は6日午前6時の時点で九州の西に位置し、中心気圧が994ヘクトパスカル。7日夜には北海道南西の海上で972ヘクトパスカル程度に発達する見込み。

 宮崎市では1時間降水量が観測史上最大の92・0ミリを記録。石垣島でも48・5ミリに達した。7日午前6時までに予想される24時間降水量は、四国・東海250ミリ▽近畿200ミリ▽関東甲信180ミリ▽九州150ミリ▽東北・北海道120ミリ。

 風も強く、福井県敦賀市では最大瞬間風速25・6メートルを観測。香川県東かがわ市でも24・9メートル、鹿児島県の屋久島でも23・1メートルを記録した。予想される最大風速は西日本・北日本で20メートル、東日本で23メートルと台風並み。瞬間風速は35メートルに達する恐れもある。昨年4月に多くの死傷者を出した「爆弾低気圧」に近い勢力となりそうで、交通の乱れや土砂災害が広範囲で懸念される。

 温帯低気圧は、中心付近で局所的に猛烈な風雨になる台風と違い、前線の広がりに伴って広範囲で悪天候をもたらす。今回は低気圧が偏西風の流れに乗りにくく、風雨がより長時間にわたる恐れがある。気象庁は「7日も荒れた天気が続く」とみている。

 落雷や竜巻などの危険も高まる。温度が上がりつつ雨が降るため、東北など積雪の多い地域では、雪解けによる洪水や雪崩にも注意が必要という。
.
朝日新聞社

ま、ここまで、丁寧な記事ならあれだよな。

なだれに注意しないといけない人は、少数だけれど、
それで、被害が抑えられるなら、一行書き足しておくべきだろう。

人命が大事ならね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。